原料
仕組み効果や効能摂取法詳細原料
******

コエンザイムQ10の詳細

コエンザイムQ10は体にいい効果がある、という事は理解していても、コエンザイムQ10がどういった物質なのか、またどのような効果があるのか、という事を深く理解されている方は少ないでしょう。
私たちの体を作りだしている細胞は全身に60兆個もの数が存在し、この60兆個一つ一つの細胞内にコエンザイムQ10が存在しています。
特に人体にとって欠かすことのできない臓器、心臓、肝臓、腎臓に豊富に含まれていることがわかっています。

心臓などの臓器を動かすなど生命活動の源となるエネルギーはATPと呼ばれる物質で「アデノシン三リン酸」というものです。
ATPを作り出すために必要な物質がコエンザイムQ10です。
コエンザイムQ10が不足してしまうとうまくATPを作り出すことが出来ず、結果、心臓などの機能がうまく働かず動悸、息切れなどの症状を起こしてしまいます。

細胞内にはミトコンドリアという小器官があり、このミトコンドリア内で体内に摂取した栄養素が酵素の働きにより燃焼しエネルギーが産生されます。
この際、ミトコンドリア内に多量に存在するコエンザイムQ10がエネルギー産生の為に働いています

コエンザイムQ10の特徴として、活性酸素抑制機能も知られています。
ストレスや疲労などから生まれる活性酸素を除去、また産生される活性酸素を抑制するという働きを持っています。
こうしたコエンザイムQ10の働きを理解すると、命を継続させるために重要で、必要不可欠な物質という事が理解できます。

MENU

Copyright(C)美容にも体の健康にも欠かせない成分